横浜にあるダイビングスクールの特徴

ダイビングスクールはダイビングライセンスを取得するための講習を行っている学校のことを意味します。学校と言っても専門学校のような施設があるわけではなく、ラインセンス講習を行うショップが運営を行っているのが特徴です。横浜駅近くにもダイビングショップが多数点在していますが、プール講習ができる施設を持つお店は少なく、一般的にはプール講習は提携しているダイビング用のプール施設を利用して実技講習の一つでもある、プール実習を行っているのが特徴と言えましょう。尚、海洋での実習は、伊豆や三浦半島、千葉などショップに応じて場所が異なりますので、海洋実習を行う場所の希望がある人は、それぞれのお店に海洋実習が行われる海についての問い合わせを行って、確認しておくのがお勧めです。

海洋実習の時の集合場所について

横浜にあるダイビングスクールに入学すると、最初にショップの中にある教室で学科講習を受講するケースが多くあります。学科講習は直接ショップに出掛けて受けることができるわけですが、講習の中ではビデオを見ながら潜水学やスキューバダイビングを行う上で重要な知識を学ぶことになります。水圧は水深が深くなるほど高くなる、この水圧は人の体にどのような影響を与えるのか、こうした知識を学ぶことになるわけです。また、プール実習を受ける前にはリカバリーの方法や緊急浮上の危険性などについて学ぶことになります。学科講習を修了した後は、プール実習、そして海洋実習の流れになりますが、海洋実習の場合は、最寄り駅近くの集合場所に集まり、そこからマイクロバスなどを利用して出掛けるケースが多いようです。

海は近くにあっても海洋実習の場所は伊豆や三浦半島などです

横浜駅近くは、港がある場所であり、海に近い環境を持ちます。しかし、ダイビングスクールの海洋実数は、近郊の海で行うのではなく、波が適度にあること、そして透明度があるなどの環境下で行われるため、横浜のダイビングスクールでダイビングライセンスを取得すると、伊豆や三浦半島などに遠征して実習を行うことになります。沖縄などの南国の海とは異なり、透明度はあまり良いとは言えませんが、水中には色々な魚や生物が生息しているため、楽しみながら実習ができるメリットもあります。尚、海洋実習の時の装備はショップがすべて用意してくれるので、道具を持っていない人でもラインセンス講習参加ができます。但し、機材レンタルが別料金になっているショップもあるので事前に確認しておくのがお勧めです。

全国500店舗あるPADIショップの中でも、最も質の高い5つ星ダイブセンターの認定を受けています。 業界ダントツのインストラクター養成実績2000名! 横浜市内に大型の自社プールを完備しているので、海へ行く前にじっくり練習ができます。 延べ54,000名のCカードを発行しています。泳ぎが不安な方に、プール講習は何度でも無料です。 器材をご購入される方は、お得なセット価格でご提供 ダイビングスクールを横浜でお探しなら!!マレア横浜店