横浜で希望通りのダイビングスクールを探す方法

スキューバーダイビングはライセンスがなければ楽しむことができないマリンスポーツです。ライセンスが必要になる理由の中には、水中では水圧による体への影響が与えられること、水中は人が生活する場所とは環境そのものが異なり、知識や技術が必要になるためです。ラインセンスを取得するためには、所定の学科講習と技術講習を受けることが必要になりますが、これらの講習を受けることは危険を回避することに繋がって来るものです。尚、横浜で希望通りのダイビングスクールを探したい人も多いかと思われますが、どのような希望があるのかに応じてダイビングスクールの選び方も変わります。例えば、料金が安くスクールを利用したい、海洋実習は泊りがけでできるスクールを選びたいなど、こうした希望を整理しておくことをお勧めします。

海洋実習の前にはプール実習が一般的です

ダイビングスクールでの実地講習は、最初にプールでの装備の取り扱い方や潜行の訓練などを行い、ある程度訓練が終わった段階で、本格的な海洋実習に移行するのが一般的です。横浜にあるスクールの中には、プールなどの施設がなく、最初から海洋での実習がスタートになるショップもあれば、スクールが所有している、もしくは提携しているプールを利用しての実習になるなど様々です。いきなり海洋での実習となるとハードルが高いと感じる人も多いかと思われますが、波などがある場所での訓練は、将来スキューバダイビングを行う上では避けて通ることはできない部分です。しかしながら、いきなり海洋で潜るとなると怖いと感じる人も多いことでしょう。プールでの実習の有無を確認することも希望通りのショップ選びには必要なことです。

実技講習時の機材はレンタルが便利です

横浜にあるダイビングスクールの大半は、講習に利用する機材はすべてをレンタルしているケースが多いのですが、レンタル料金は講習費用に含まれているため料金が不明確なケースが多いと言えましょう。逆に、機材を持ち込みすると料金が安くなるショップもありますし、タンクやウェイトなどはレンタルが基本で、それ以外の機材、例えばBCジャケットや計器類、ウェットスーツなどは自分のものを利用するなどのケースもあります。仮に、自前の道具を持ち込みすると料金が安くなる、このようなショップを使えばダイビングライセンス取得のための講習費用を節約できるメリットもあるわけです。横浜で探している人は、スクール料金についても比較をしておくこと、そして料金の内訳をしっかりと比較することがお勧めです。