横浜にダイビングスクールはどれくらいあるのか

神奈川県の横浜市は日本の市町村では最も人口が多く、その総人口は約374万人となっています。港を中心とした湾岸都市ですので、シーパラダイスやマリンタワーなどといった海にまつわる施設やイベントも盛んに行なわれている事が特徴です。このような背景も手伝い、人々のスキューバダイビングへの関心も高くなっており、多くのスキューバショップが存在している事も特徴となっています。その中でもライセンス取得が可能な「ダイビングスクール」としても利用できるショップも多数あります。初心者の方でも気軽に楽しみながらライセンスを取得できるショップや、インストラクタークラスの育成まで行なっている所も存在します。そこでここでは、横浜にどのくらいのスクールが存在するのかを中心にしてお伝えします。

全国的に見ても多くのダイビングスクールがあります

神奈川県内のダイビング関連のショップの数の割合は、全国的に見ても多い事が特徴です。他の地域を見てみますと、1つの市あたり5〜10店舗ほどの地域が多く(人口などでも変化します)、中には1店舗も存在しない街もあるとされます。一方で神奈川県のダイビング関連ショップの数は、50店舗以上あるというデータもあります。その中でも多数のショップが、ライセンスの取得をサポートしていますので、ダイビングスクールは非常に幅広く選ぶ事が可能です。特色としてダイビングショップの数が多いエリアですが、これも横浜の地域性や住民性が反映されている結果と言えるでしょう。海外で多くの経験を積んできているインストラクターの方も、日本国内ではやはり海の周辺で営業を希望している傾向があるようです。スクールが多数ある地域ですので、スキューバを学ぶには適したエリアとなっています。

多様なスタイルの学び方が選べます

ダイビングスクールが比較的多いエリアというのが特徴ですが、数が多いという点から自分に最適なスクール選びがしやすくなっています。ショップ併設の所では、アイテム選びからサポートしてくれ、試着などをしながらアドバイスしていますので、初心者の方でも安心して学ぶ事が可能です。すでにライセンスを取得している上級者の方も、さらに高度な技術などをマンツーマン体制で修得できます。国内や海外へのダイビングツアーの提案を同時に行なっているスクールなどもあり、中には自社で船を所有しているスクールも存在します。体験ダイビングなども気軽に受け付けていますので、ダイビングの魅力を確認してみるのも1つの方法です。このような幅広いスクールが多数展開されている横浜エリアは、ダイビングが盛んな地域と言っても良いでしょう。